不動産売却のえとせとら

不動産もインカムゲインがメインになっています

かつては土地神話と呼ばれるものがありました。
それは土地を買っておけば、絶対に上がるという盲信的な考えです。
今では信じられないことですが、昔はそれが当たり前と言うか、常識になっていたのです。
バブルの頃が最もひどかったように思います。
この土地神話に踊らされて、ひどい目に遭った人もたくさんいます。
しかし、現在は売却益を狙って不動産を取得するというケースは稀だと思います。
もちろん最終的な出口戦略として、売却を考えているケースは多いと思いますが、キャピタルゲインが主目的と言うことではないように思います。
最近は不動産投資にしても、かつてとは違い、インカムゲインを主体に考えているものがほとんどです。
平たく言えば、家賃収入をメインにしているということです。
今後も日本ではこうしたインカムゲインを主体にした不動産投資が主体になるように思います。
不動産業者には2タイプがある